はじめての方へ

不倒翁流(ふとうおうりゅう)空手とは

成り立ち

近年の主要な総合格闘技団体での伝統派空手出身選手の活躍の影響から、武道家や総合格闘家が集まり、伝統的な空手の組手においての間合いを取る(詰める)技術や、伝統的な形を研究し意見交換が行われた。その後、伝統派空手の有段者を研究会に迎い入れ、様々な仮説を実証すべく定期的に練習会を行い始め、脳や目、内蔵にダメージを残さず、打撃の攻防において必須能力である《当て勘》《間合いの感覚》を、最短かつ高いレベルで会得する方法が無いか、組手、形、防具など、多角的に、多くの時間を掛け検証を行った。その結果、効果は時を待たずして現れ始め、所属選手達がグローブ空手、キックボクシングや、総合格闘技など、様々なアマチュア格闘技大会で、次々と実績を残し始め、遂にはプロに昇格するものも現れた。その後、生徒達の声に後押しされ、《不倒翁流空手》を創設することとなった。

 

不倒翁流が目指す理想の空手とは

沖縄から伝わる本来の空手は組技を含む総合武術である。伝統派空手の試合でも投げからの攻撃が認められている。不倒流空手では打撃技のみで試合を行いながらも、対戦相手が組技(投げや関節技)も使用してくることを想定したルールや技術体系で練習を行っている。また、近距離での打撃が得意な相手や、組み技が得意な相手と戦うとしても、間合いを制し、打撃やタックルを全て外し(防ぎ)決して倒れず、倒れても起き上がり、自分の打撃だけを当て続け、対戦相手を戦闘不能にすることを「理想形」とした空手である。

 
 

安全性が高く楽しい空手

試合で勝てる打撃を身につける為、あくまでも総合格闘技道場の一部門で修行の一貫として行っていた空手クラスであったが、そのルールの安全性とゲーム性の高さから、空手そのものを楽しむ生徒が増え続け、多くの生徒を集める人気クラスに成長した。遂には同ルールの大会を定期的に開催するに至り、不倒翁流空手 総本部 東大阪本部道場(東大阪市 近鉄布施駅前)増田道場(大阪市 阿倍野区)を創立。現在、関西地区を中心に、活動拠点を広げている

増田道場
美章園道場
JR美章園駅徒歩1分。
大阪市阿倍野区の天王寺からもアクセスが良く、駅徒歩1分の好立地で通いやすい道場。
パラエストラ東大阪
布施道場
近鉄布施駅徒歩1分。
東大阪市の総合格闘技道場パラエストラ東大阪。布施駅徒歩1分の大きなビルが道場。
パラエストラ大阪
寺田町道場
JR寺田町駅徒歩10分。
大阪市天王寺区の総合格闘技道場パラエストラ大阪。車でもアクセスしやすい道場。

不倒翁流空手で学べること

  1. 礼で学ぶ感謝の心と作法
  2. 心技体の成長
  3. 集中力を養う
  4. 思いやりの心
  5. 人間関係を育む

不倒翁流空手は、 単に強さを追及する道場ではありません。礼儀や感謝の心を学び、心身を鍛えられるのが空手の魅力。目上の先輩や友人を敬い感謝する心を学び、 身体でぶつかり合って相手の痛みを知ります。言葉で何回、話しても変わらない子供でも、実体験をすれば必ず納得したうえで、 自ら進んで行うようになります。そして一緒に練習してくれる仲間を大切にするようになります。身に付けた技を後輩に、正確に分かりやすく伝えることで、コミュニケーション能力や、リーダーシップや、相手をいたわる優しき心を学びます。人にやさしくある為にはまず強き心と体を身に付け、そして空手という優れた方法を通じてや自立心、探求心、想像力、慈愛心、尊敬心など、自然に身に付ける学び舎でもあります。

師範のご紹介

師範の山下泰生(ひろき)は不倒翁流空手の師範でありながら、現役のプロ総合格闘家(リングネームは獅庵)。
学生時代、高校生でありながら四国地区のシニアの部の代表に選ばれ全国大会に出場した実力派。アマチュア時代から驚異のKO率を誇り、対戦相手から恐れられていた事でも知られている。
現在は伝統派空手出身のプロ格闘家として活躍中。秒殺KO勝ちや大会ベストバウト賞を受賞し、その実力に将来を期待されている。

指導者のご紹介はコチラ →